ドラマ

真犯人フラグ考察|河村俊夫の3つの犯人説が濃厚!日野渉は共犯者でグルの可能性も!

毎回衝撃の展開を迎えている真犯人フラグ。

SNSでは様々な考察で盛り上がっていますね。

今回は河村俊夫の犯人説4つと日野渉の共犯説について考察していきたいと思います。

最後までご覧ください。

 

「真犯人フラグ」はHulu独占配信作品です↓

  • 人気の映画やドラマが月額1,026円で見放題!
  • 2週間以内に解約すれば無料で視聴できる!
  • 解約手続きも簡単!

\無料トライアル中に解約すれば料金は発生しない!/

Huluで『真犯人フラグ』を無料視聴する

真犯人フラグ考察|河村俊夫の3つの犯人説が濃厚!

田中哲司

河村俊夫が犯人説が濃厚である3つの理由について考察していきたいと思います。

①冷凍遺体を”少年”と言い切った

真犯人フラグ

凌介は河村に相談することが多いのですが、その中で河村が明らかに情報を持ち過ぎていることが怪しいと話題になっていました。

それは、冷凍遺体が亀田運輸に届いたことを河村に相談した時のことです。

凌介は自分の娘と同学年ということだけを話していましたが、河村はその冷凍遺体が”少年”だと言い切っていたのです。

日テレの安村アナウンサーも考察されていたようです。

普通なら、娘と同学年と聞くと女の子と思うのが必然的ですよね。

凌介に聞かなくても少年とわかっているということは、河村は冷凍遺体について何か知っていると考えられます。

②雑誌を売りたい

真犯人フラグ

河村は日本一売れている週刊誌の編集長です。

世間を賑わせている事件を取り扱えば雑誌が売れるのは当然で、なおかつ被害者の近くにいるとなれば情報も入りやすいということもあります。。

凌介を様々な面で助けてはいますが、「自分の仕事のため」「親友の不幸で食っている」などという発言も見られています。

冗談や皮肉のようにも聞こえますが、本心は雑誌を売りたいという目的があるのかもしれません。

ぷろびんに情報を流しているのも河村?

ぷろびん

ぷろびんに凌介の情報を流しているのも河村だと考察します。

凌介の小説が掲載されたサークル誌をぷろびんが持っていたことが何よりも怪しいと思います。

同じサークルだった河村なら、サークル誌をぷろびんに渡すことは容易です。

河村は雑誌の売り上げに、ぷろびんは再生回数の増加につながるため、お互いの利益のために河村がサークル誌を渡したのではないでしょうか。


③真帆を誘拐したのは河村?

真犯人フラグ

河村は真帆を誘拐した犯人だと考えています。

真帆は大学時代マドンナ的存在であり、河村も日野も真帆のことが好きでした。

凌介に真帆をとられてしまいましたが、真帆のことがまだ好きなのではないでしょうか。

そのため真帆を誘拐する計画を立てたのだと考えます。

失踪当日が校了日だというのは嘘?

真犯人フラグ

失踪当日の金曜日、河村は校了明けだと言って「至上の時」に遅れて来ました。

しかし、金曜日が校了日だというのは嘘ではないか?と思われる場面がいくつかありました。

①11/18(木)に編集会議をしている

②その次の日(金曜日)に普通に「至上の時」に集まっている

①について、翌日が校了日にも関わらず、前日に編集会議をするのはかなりおかしいのではないでしょうか。

そしてこの会議後、河村がカメラマンの両角に「このあと暇だよね?」と声をかけ、凌介の団地へ向かっています。

校了日前日なら、当日ほどではなくてもかなり忙しいのではないでしょうか

少なくとも「暇」ではないと思います。

西島秀俊

②については、この日の集まりで凌介が真帆から送られてきた星空の写真を出しています。

凌介は「昨日の深夜に送られてきた」と話しており、写真が送られてきたのは11/18(木)なので、この集まりは金曜日で間違いないと思います。

校了日であれば、河村は「至上の時」に行くことはできないのではないでしょうか。

この2つのことから、失踪当日である金曜日が校了日というのは嘘であると考えられます。

この日、河村と真帆は会う約束をしており、真帆が遅番と嘘をついたのも河村に会うためだったからではないでしょうか。

真帆の電話と録音アプリ

西島秀俊

真帆から凌介にかかってきた電話ですが、これは河村が録音アプリを使ってかけたものだと考えています。

真帆は、

「凌ちゃん?ごめんね、時間がなくて…。聞いて、光莉が…。」

と話していました。

しかし、何日も連絡していなかった凌介にかける言葉としてはおかしいですよね。

普通は「連絡できなくてごめんね」「心配かけてごめんね」など言いますよね。

つまり、この言葉は真帆が失踪した当日に発した言葉だと考えます。

田中哲司

河村が真帆と会った時、「光莉が事故にあった」「光莉が誰かに連れていかれた」などと伝えたのではないでしょうか。

河村は真帆に、凌介にも連絡するように伝え、電話をかけるふりをしてこの言葉を言わせたのだと思います。

そしてその言葉をアプリで録音しており、今回の電話に使用したのでしょう。

「光莉が…」の先を流すと録音であることがばれてしまうため、途中で電話を切ったのだと思います。

そう考えると、真帆の言葉の矛盾や途中で途切れてしまったことにも合点がいきますよね。

以上、河村が犯人である怪しい3つの理由を紹介しました。

真犯人フラグ考察|河村俊夫と日野渉は共犯者でグル?

迫田孝也

河村が犯人であると考察してきましたが、この事件には共犯者がいると考えています。

その共犯者はバーで働く日野渉です。


河村も日野も、学生時代に真帆のことが好きでした。

特に日野は、真帆に対して「俺も好きだった」「真帆ちゃんはスペシャルだった」などと発言しており、かなり本気だったことがわかります。

迫田孝也

日野渉が河村俊夫の共犯である理由としては、

・凌介に復讐心、嫉妬心があった

・お互いにメリットとなることが大きかった

という2点のことが考えられます。

実際、日野は刑事から凌介のことを恨んでいる人物はいないかと聞かれ、「自分も含めてたくさんいる」と答えていました。

半分冗談のようにも聞こえましたが、実は本当に真帆のことが好きで諦めきれないため、今回の犯行に及んだのかもしれません。

凌介の写真をネットにアップした

迫田孝也

失踪当日、日野は「至上の時」に来ていた凌介の写真を撮影し、SNSに投稿していました。

しかし、写真が拡散されその後炎上します。

この写真を拡散したのは河村で、世間に凌介を疑わせるために撮影し拡散したのではないでしょうか。

凌介に薬を盛った?

迫田孝也

失踪当日、凌介は「至上の時」でお酒を飲み、家に帰ってから真帆たちがいないことに気づきます。

義両親に電話したり、電話帳を見ながらいろいろと考えているうちに急に睡魔が遅い、眠ってしまうシーンがありましたよね。

お酒を飲んでおり、夜中だったこともあったため眠ってしまうことは考えられますが、家族がいなくなったというのに寝られるでしょうか?

真犯人フラグ

普通なら、気が気じゃなくて眠気は吹っ飛んでしまうはずです。

それでも眠ってしまった理由としては、お酒の中に睡眠薬を盛られていたからではないでしょうか。

それができるのはお酒を提供する日野しかいませんよね。

そして凌介が眠っている間に、河村もしくは日野が凌介の自宅へ侵入し、何かをしていたのだと考えられます。

トランクルームの鍵を盗んだ

真犯人フラグ

凌介が趣味の本を置いていたトランクルームの鍵がなくなった件についてです。

この鍵を盗んだのが日野だと考えられます。

日野が凌介のカバンを抱えているシーンがありました。

この時に盗んだ可能性があります。

日野が強羅と知り合い?

なんと日野と強羅が繋がっていたことが判明しました。

日野が面識のないはずの強羅を「強羅さん」と呼んでいたことは、ネットでも話題になり、日野の怪しさがますます濃厚となりました。

以上、河村俊夫と日野渉が共犯者でグルの可能性について考察しました。

 

真犯人フラグ」はHulu独占配信作品です↓

  • 人気の映画やドラマが月額1,026円で見放題!
  • 2週間以内に解約すれば無料で視聴できる!
  • 解約手続きも簡単!

\無料トライアル中に解約すれば料金は発生しない!/

Huluで『真犯人フラグ』を無料視聴する

真犯人フラグ考察犯人!橘一星(佐野勇斗)が怪しい7つの理由!菱田と繋がっていて包丁をすり替えていた!?

真犯人フラグが面白くない&飽きた4つの理由!イライラするのは相良凌介の性格やミスリードの多さ?

真犯人フラグ考察!押し入れの中身が判明!?椎茸栽培が濃厚な理由と花言葉の真相!

真犯人フラグ の犯人予想と考察!伏線は指差しの向きや回数に隠されている!?

真犯人フラグ考察!犯人黒幕は真帆である10個の理由!タイトルに隠された謎から徹底解剖!

真犯人フラグ|香里奈がバタコで左上の人物?犯人ではない理由をあな番から徹底考察!

真犯人フラグ|犯人・黒幕は生駒里奈!?スマホで盗撮していた共犯者は佐野勇斗?

真犯人フラグ|キャストと相関図とあらすじまとめ!あな番と比較でネットの反応は?

まとめ:真犯人フラグ考察|河村の犯人説4つ!日野とグルの可能性あり!

真犯人フラグで、河村俊夫の犯人説4つと日野渉が共犯でグルの可能性について考察をまとめました。

河村と日野がグルだった場合、凌介にとっては大きなショックですよね…。

今後の展開からも目が離せませんね。

新しい情報が入り次第追記していきます。