スポーツ

源田壮亮の学歴・出身校まとめ!高校時代からプロ入りまでの経緯も調査!

埼玉西武ライオンズで活躍中の源田壮亮さん

2023年のWBCで日本代表入りが決定しています。

そこで今回は、源田壮亮さんの気になる学歴を徹底調査しました。

  • 源田壮亮の出身校(中学、高校、大学)は?
  • 高校時代からプロ入りまでを詳しく!

ぜひ、最後までご覧ください!

源田壮亮の学歴・出身校!

源田壮亮

源田壮亮さんの学歴・出身校について調査しまとめてみました。

源田壮亮さんは大分県大分市で生まれ、小学校低学年の頃から地元のソフトボールチームに入団。

源田壮亮

父親の野球好きに影響され、本当は少年野球がやりたかったそうですが当時は残念ながらチームが無かったためソフトボールをすることになったようです。

本格的に野球を始めたのは中学生からになりますね。

それではここから出身校について詳しくご紹介していきたいと思います。




①出身中学校:明野中学校

明野中学校

源田壮亮さんの出身中学校は、大分市立明野中学校です。

中学生になると、大分県支部に所属する硬式野球クラブ「大分明野ボーイズ」へと入団します。

大分明野ボーイズ

ここでは週に3日、練習に励んでいました。

ちなみにこのチームはOBが続々とプロ野球に進んでいる注目の野球チームです。

大分明野ボーイズ

源田壮亮さんも出世頭として有名になっています。




②出身高校:大分商業高等学校

大分商業高等学校

源田壮亮さんの出身高校は、大分県立大分商業高校です。

ここの野球部は、甲子園出場を何度も果たす強豪校として知られています。

今までに夏の甲子園15回、センバツ5回の出場をしているそうです。

大分明野ボーイズにいた頃は、何校からか「ウチに来ないか」と声がかかっていたほど源田壮亮さんは注目されていました。

源田壮亮

源田壮亮さんの高校時代の恩師・渡辺正雄監督によると、

「体の成長と同時に自分のパーツをうまく扱うのは凄い難しいと思うんですけど、それ(その身長)にあった体の使い方ができる。見ていて、バランスの良さ、センスの良さ、素晴らしい選手だと思います」

引用元:高校野球ドットコム

身体の小さかった源田壮亮さんでしたが、彼なりに上手くバランスを取っていたと称賛されていました。

大分商業高等学校

そして高校3年生の夏に行われた「第92回全国高等学校野球選手権大分大会」準々決勝では、3番・遊撃手で出場した源田壮亮さん。

1安打を放ちますが、0対2で大分県立日田林工高等学校に敗戦という結果になりました。




③出身大学:愛知学院大学

愛知学院大学

源田壮亮さんの出身大学は、愛知学院大学です。

大分商業時代のコーチから、野球を長く続けたいなら「強い大学リーグで戦いなさい」とアドバイスを貰いここに進学を決めたそうです。

源田壮亮さんは大学1年生の秋頃より遊撃手のレギュラーとして活躍されました。

源田壮亮

大学4年生の時にはキャプテンを務めており、リーグ優勝も果たしています。

愛知学院大時代の一番の思い出といえば4年春、全日本大学選手権に出場したことです(2014年)。キャプテンに指名された僕は同年春、愛知大学リーグで奮起しました。打率.370、7盗塁をマークし、3季ぶりのリーグV奪回。最優秀選手賞も初めて獲得しましたが、キャプテンとして雰囲気づくりを心掛け、背中で引っ張っていこうという考えでしたね。」

引用元:週刊ベースボールオンライン

源田壮亮さん本人もこのように思い出を語っていました。

源田壮亮

実力があるだけではなく、チームを引っ張っていける存在として活躍されていたんですね。

それでは次に、源田壮亮さんが高校時代からプロ入りするまでの流れをまとめてみました。




源田壮亮が高校時代からプロ入りするまで

源田壮亮

源田壮亮さんが高校時代からプロ入りするまでをご紹介していきたいと思います。

高校時代

源田壮亮大分商業高校では、九州地区大分予選決勝進出を果たし、準優勝をされました。

高校3年の夏では、3番ショートとしてチームを牽引・ベスト8を獲得。

高校卒業後は、愛知学院大学に進学し、1年生からレギュラーの座を獲得、主に守備固めとしてリーグ戦に出場。

練習のおかげで守備の安定感は身につきましたが、バッティングがどうしても苦手だったようです。

そこでいろいろな種類のティーバッティングを繰り返すことで克服したといいます。

大学時代

源田壮亮大学2年生では秋のリーグ戦直前に左手の指を骨折し手術を経験しましたが、その後3割を超える高打率を記録、大学の日本代表候補にも選ばれました。

この時、源田壮亮さんは「プロ野球選手になりたい」という気持ちが強く芽生えたそうです。

大学4年生では主将となりリーグ優勝に貢献され、秋はベスト4という結果になりましたが敢闘賞とベストナインを受賞されています。

大学卒業後

源田壮亮大学卒業後は「ウチでプロを目指さないか」とトヨタ自動車に声をかけられ入社し、レギュラーとして活躍されていました。

春のリーグでいい結果が出たため、プロから声がかかります。

2016年のNPBドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3位指名を受け、見事新人王を獲得。

条件は、契約金6000万円・年俸1200万円(推定)で入団を決意。

源田壮亮

背番号は「6」に決まり、源田壮亮さんのプロ野球人生が始まりました。

中学生で大分明野ボーイズに入り、すでに実力を発揮していた源田壮亮さん。

プロ入りするまでに、苦手なことも克服しリーダーを務めるなど努力家で人柄の良さが伺えましたね。

以上が、源田壮亮さんの高校時代からプロ入りするまでのご紹介でした!




まとめ:源田壮亮の学歴・出身校まとめ!高校時代からプロ入りまでの経緯も調査!

今回は、源田壮亮さんの学歴と、高校時代からプロ入りまでの経緯をご紹介していきました。

  • 学歴は明野中学校、大分商業高等学校、愛知学院大学を卒業
  • トヨタ自動車に入社後、埼玉西武ライオンズへ入団

今後の源田壮亮さんの活躍にも期待したいですね。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

↓源田壮亮の関連記事

源田壮亮がかっこよくないと言われる3つの理由!嫁・衛藤美彩はどこに惚れた?

源田壮亮の家族構成!両親が仲良し過ぎる?野球を始めたきっかけは父だった!

源田壮亮と似てる人は田中一彦など全部で12人!共通点は韓国人顔?

源田壮亮の嫁(衛藤美彩)の誹謗中傷内容まとめ!山田遥楓の嫁が嫉妬した5つの理由

木付琳と衛藤美彩の苗字が違うのは親の離婚!3人兄弟のエピソードもご紹介




RELATED POST