スポーツ

笹生優花は二重国籍で日本代表じゃない!WOWOWの国籍表記がいやらしいと話題!

日本とフィリピンの二重国籍を持つ笹生優花さんが米女子プロゴルフツアーで優勝を飾りました。

でも実笹生選手はフィリピン代表として出場しているんです。

にも拘わらずWOWOWの国籍表示が「いやらしい」と言われています。

詳細をまとめました。

笹生優花米女子プロゴルフツアー優勝

笹生優花、米女子プロゴルフツアーで女子メジャー制覇し優勝ました。

笹生選手と畑岡奈紗選手の日本人同士の対戦ということでも話題でしたが、

19歳と57日での優勝が史上7番目の若さということで、多くの感動を呼びました。


笹生優花は二重国籍で現在は日本代表じゃない!

笹生優花

日本人選手の優勝と言われ話題になっていますが、

笹生優花さんは、日本人の父親とフィリピンの母親との間に産まれたハーフなんです。

まだ19歳で未成年のため、日本とフィリピンの二重国籍となります。

なので、正式には日本人選手ではないんですね。

今回の米女子プロゴルフツアーもフィリピン代表として出場しています。

東京オリンピックについても、フィリピン代表として出場する予定です。

父・正和さんも「本人は五輪に出たいと言っている。フィリピン代表で出場した後に日本の国籍を選ぶことになるだろう」

と言っているように、
東京オリンピックが終わった後に日本の国籍になる予定だそうです。

また笹生選手本人も、

笹生は表彰式での優勝スピーチで「日本人の心を持って頑張りたい」と所信表明した。現在、日本とフィリピン両方の国籍を持つ。22歳までに選択する必要があり、会見では「将来的には日本の国籍を取得したい」と明言した。

引用:スポニチ

20歳を迎えたら、日本人として活躍していきたいと思っているようです。

今はまだフィリピン代表ですが、日本国籍を取得して日本人として活躍してくれたら非常に喜ばしいことですね!

WOWOWの国籍表記がいやらしいと話題!

笹生選手がフィリピン代表として出場し優勝した今回の米女子プロゴルフツアー。

WOWOWではリアルタイムでその様子が放送されましたが、国籍表示について「いやらしい」と言われています。

その理由は、
フィリピン代表として出場している笹生選手の国籍のアイコンが、フィリピン表記から日本表記に変わったことにありました。

つまり、最初はフィリピン表記にしていたWOWOWが、笹生選手の優勝が見え始めた途端、日本表記に変えたのですね。

放送中も、二重国籍や国籍変更についての解説もなく、「日本人選手」と言ったり、あたかも日本代表選手として放送していたようです。

 

さらに、スポーチ報知にも、

日本勢としての女子メジャー制覇は1977年全米女子プロ選手権の樋口久子、2019年AIG全英女子オープンの渋野日向子以来3人目となった。
引用元:スポーツ報知

あくまで、笹生選手は日本勢として優勝したと書かれています。

なんの説明もなく途中で表記を変更したことに批判が集まったようです。

まとめ:笹生優花は二重国籍でフィリピン代表だが、あたかも日本代表のように言われていた!

笹生選手の史上7人目の若さでの全米女子ゴルフ優勝は、とても素晴らしく喜ばしいことですね!

二重国籍ということで、
今はまだフィリピン代表としての出場ですが
いずれ日本国籍を取得するということで日本代表のプレーヤーとして活躍されていくことでしょう。

日本代表として放送する気持ちもわかりますが、正確な情報を提供することが大事なのではないでしょうか?