未分類

群馬県桐生市赤城山の山火事の原因は焚火だった!批判の声殺到!「どういう神経してるの?」

2021年、群馬県桐生市赤城山で山火事は発生しました。

原因は焚火という情報があり、批判の声が殺到しています。

詳しい情報はこちらです↓

群馬県桐生市赤城山の山火事の原因は焚火だった!

2021年2月25日に発生した群馬県桐生市赤城山の山火事の原因は、
焚火である可能性が高いことがわかりました。

 

2月21には、栃木県足利市でも山火事が発生しており、25日現在も鎮火のめどはたっていません。

 

たった25キロしか離れていない場所で、山火事が同時に発生。

そのような状況で、なぜ焚火をしたのでしょうか?

批判の声が殺到しています。

群馬県桐生市赤城山の山火事!焚火した男性に批判の声

このおじいさんの軽はずみな火の不始末で
木や山にいる動物達、消火活動に携わる方達の命がどれだけ危機に迫られるか、深く反省してほしい。
事の重大さを本人はわかっているのかな。

おとなりの足利市が大変なことになっているというのに、焚火する?

一体どういう神経してるんだろう。

家族や周りの人も注意したりしないんでしょうか?

それとも孤立した場所で焚火したのか?

疑問だらけです。

昨日鎮火した青梅の山火事は爺さんの焚き火が原因だったし、今も隣の足利市の山がボンボン燃えているのに、何で山で焚き火をするかな?

乾燥注意報が出てるのになんで山で焚き火するかな、言い迷惑だよ。何考えてる隣の足利の火災が大変なことになっているのに、よけいな消火作業が増えていい迷惑だよ。

 

隣でも山火事が起きているのに、焚火をするとはどういう神経しているの?

という声が非常に多いですね。

山火事のニュースが連日続いているので、
大変な状況であることは知っていたと思われます。

当時は風も強く、乾燥もしているので、火のまわりがあっという間だったのでしょう。

この男性もヤケドを負いながら必死に消化しようとしたようですが、
時既に遅しといったところでしょうか。

この男性かどうかはわかりませんが、ケガをして搬送されたということで、
まずは回復されることを願います。