スポーツ

古賀稔彦の死因:痩せた理由は癌(がん)だった!?父親も悪性リンパ腫で56歳で死去していた!

バルセロナオリンピックで柔道の金メダリスト古賀稔彦さんが、
2021年3月24日、53歳という若さで亡くなったというニュースが流れました。

少し前から痩せたと言われていましたが、死因は癌だったようです。

古賀稔彦さんの父親も、56歳という若さで悪性リンパ腫で亡くなっています。
もしかした癌家系だったのかもしれないですね。

古賀稔彦の死因:痩せた理由は癌(がん)だった!?

痩せたと言われていた?


癌だった!?

古賀稔彦さんは去年、癌の手術を受けて療養してたとの情報もあるので、
死因は癌の可能性が高いです。


何系の癌かわかっていませんが、わかり次第追記します。

古賀稔彦の父親も悪性リンパ腫で56歳で死去していた!

実は古賀稔彦さんの父親も、1996年6月に56歳という若さで亡くなっています。

古賀稔彦

死因が悪性リンパ腫ということですので、癌家系だった可能性もありそうです。

古賀塾も休塾していた

また、古賀稔彦さんが運営する古賀塾無期限休塾となっていました。

令和2年11月1日より無期限休塾のお知らせ

まだまだ終息が見えない新型コロナウィルスによって日常生活では三密を避けマスク着用などが続いております。
また世界各国では更なる感染拡大となってきております。このような状況から濃厚接触となる柔道は古賀塾の活動にも大きな影響を受けております。
心と身体を育てる教育柔道を理念とする古賀塾と致しましては苦渋の決断ではありますが下記の理由から無期限の休塾とさせて頂きます。

⚪︎道場内において安心.安全の保証ができないため
⚪︎マスク着用での運動は人間の心身に悪影響を与えること
⚪︎安定した指導者確保ができないため

一般社団法人 古賀塾 塾長 古賀稔彦

facebookより引用

理由はコロナウイルスとありますが、
癌によってコロナウイルスに感染するリスクが高いために
休塾にした可能性もあるかもしれません。

若すぎる元金メダリストのアスリートの死に、心よりご冥福をお祈りいたします。