ジャニーズ

岡本圭人グループ脱退理由にファンから批判殺到!俳優として絶望的な2つの理由!

Hey! Say! JUMPのメンバーだった岡本圭人さんが、
2021年4月5日にグループ脱退を発表しました。

脱退理由は俳優業に専念するためだそうです。

しかし、岡本圭人さんの復帰を待っていたファンからは批判の声が殺到。

俳優業1本でやっていくことが絶望的な3つの理由についてまとめてみます。

岡本圭人グループ脱退理由にファンから批判殺到!

岡本圭人

ジャニーズ事務所は、Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんが、4月11日付でグループを脱退俳優に専念すると発表しました。

今後もジャニーズ事務所に所属したまま、活動を続けていくようです。

しかし、さすがのファンもその脱退理由に怒っているようで、批判が殺到しています。

Hey! Say! JUMP脱退の理由

岡本圭人

岡本圭人さんは、2018年から約2年間、Hey! Say! JUMPの活動を休止し、米名門演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校留学をしています。

しかし、グループに戻ることなく脱退することになりました。

岡本圭人さんは脱退理由について、

「1人の男として叶(かな)えたい夢ができた」と脱退を決めた思いを明かした。留学先の学校は昨年7月に卒業。「(留学中に)世界で活躍する夢に向かっている方々と一緒に過ごしていく中で自分の人生について考える時間が多くなった」という。

引用元:https://news.livedoor.com/

と語っており、メンバーとも直接会って話をして決まったといいます。

メンバーは岡本圭人さんの思いを受け止め、応援するとともに別々の道でも頑張っていこうといったと言います。

ファンからは批判殺到

岡本圭人

岡本圭人さんの決断に、ファンならば応援する声が多く聞かれるかと思いきや、批判の声がとても多いのです。

理由は岡本圭人さんの自己中すぎる考えにあるようです。

岡本圭人さんは、留学の際にHey! Say! JUMPの為に留学し、戻ってくることを約束していました。岡本圭人脱退

中島:もしこれを成し遂げた圭人が帰ってきたらやべーな!て思ったの。だからすごく楽しみなんだよね

高木:戻ってきたときにどれだけ努力したかわかるからね

山田:11年一緒にいるんだから、もう言い訳は一切通用しないから。待ってて良かったと思ってもらえるような存在になって帰ってこないとその時間は意味のない時間になっちゃうし

中島:俺らのせいでもあると思うから

山田:圭人一人の自分勝手じゃなくてHey! Say! JUMPの自分勝手

Hey! Say! JUMPのメンバーは、留学する岡本圭人さんを頑張ってこいと送り出し、Hey! Say! JUMPの更なる成長を願い、また戻ってきてくれると信じていました。

しかし結果は、グループに戻ることなく俳優として専念したいという理由で脱退。

復帰を待っていたファンやメンバーの気持ちを考え、脱退は理解できないという怒りの声が噴出したのです。

戻ってくると信じていたファンにとって、突然のグループ脱退発表がどれほどショックだっのか、コメントをみているとよくわかります。

裏切られたと感じたファンが多かったようですね。

岡本圭人、俳優として絶望的な3つの理由!

岡本圭人

さて、グループを脱退して俳優業1本でやっていきたいという岡本圭人さん。

俳優として成功できない絶望的な3つの理由がありました。

1、俳優として応援するファンが少ない

前項でも説明した通り、突然のグループ脱退に怒っているファンが一定数います。

今はまだ応援できないという声が圧倒的に多いようです。

俳優として活動したとしても応援してくれるファンが減ってしまうことは、ダメージが大きいのではないでしょうか?

ファンがいなくとも、本当に実力があればおのずとファンはついてくるでしょう。

ただそうなるまでには、ほとぼりが冷めるまでは時間がかかると思われます。

2、俳優としての実績がない

俳優として成功できない理由として、岡本圭人さんの実績が少なすぎることも挙げられます。


まだまだ俳優・岡本圭人としての認知度が低すぎるので、認めてもらうためには相当な努力が必要でしょう。

岡本圭人を応援する声も

もちろん、批判する声ばかりではなく応援する声もあります!

岡本圭人さんも、裏切ろうと思って脱退したわけではないと思います。

もちろん最初はグループに戻るつもりで、留学したのかもしれません。

しかし、留学先で自分のやりたいことが見つかり苦渋の決断だったのでしょう。

ファンにとっては、受け入れがたくすぐに応援することはできないかもしれませんが、俳優として芽が出る日を楽しみに、これからも岡本圭人さんを応援していきたいと思います。