俳優

千葉真一の死因はコロナと判明!ワクチン接種でブレイクスルーの可能性!?

2021年8月19日午後5時26分に、俳優の千葉真一さんが亡くなったことがわかりました。

死因はコロナウイルスに感染したことでした。

ワクチン接種はしていたのか、どこで感染したのか…

気になる情報をまとめました。

千葉真一の死因は新型コロナだった!

俳優の千葉真一さんが新型コロナウイルスに感染したため亡くなったと情報が入りました。

俳優の千葉真一さんが19日午後5時26分、千葉県・君津市の病院で亡くなった。82歳。同日、所属事務所が発表した。

引用元:ORICON NEWS

7月末に感染してしばらくは自宅療養。

しかし8/8になって症状が悪化して入院したようです。

関係者によると、7月末に新型コロナウイルスに感染。しばらく入院せず療養していたが、最近になって症状が悪化し、入院したという。


千葉真一、ワクチン接種でブレイクスルーの可能性は!?

千葉真一さんが、コロナワクチンを接種していたのかはわかっていません。

しかし82歳で高齢、芸能人ということで2回接種していた可能性は高そうですね。

ただワクチン接種後のコロナウイルスに感染ということであれば、ブレイクスルーである可能性を指摘する声も出ています。

ワクチン接種してのコロナウイルスに感染したのか?

その情報が知りたいという人は多いと思います。

詳しい情報がわかり次第追記します。

 

またしてもコロナウイルスは昭和の名優の命を奪ってしまいました。

千葉真一さんのご冥福をお祈りいたします。