スポーツ

オリンピック閉会式の手話の人が面白い!変顔やクセが強すぎて話が入ってこない!

2021年8月8日、東京オリンピック2020の閉会式が開かれました。

閉会式は”ショボイ””ダサイ”など言われていますが、最も面白かったと話題になったのが「手話の人」でした。

面白すぎる、シュールと言われたEテレの手話の人たちをご紹介します。

オリンピック閉会式の手話の人が面白い!

Eテレで放送された東京オリンピック2020の閉会式。

開会式や閉会式については賛否両論あり、”ダサイ”や”シュール”と一部では言われていました。

しかし、そんな中でも話題になっていたのがEテレの手話の人こと、手話通訳でした。

閉会式の様子を伝えていますが、”面白い、シュール”だと話題になっています。

  • ダンスや踊りの最中に手話しないで見てるのがシュール
  • 手話でDJやるの面白い
  • 閉会式より面白い

など、実際に閉会式の最終に『手話の人』がトレンド入りするほど!

手話の人は3人!

『手話の人』こと手話通訳の方は、全部で3人いました。

戸田康さん寺澤英弥さんであることが判明しましたが、もう一人の方のお名前は判明次第追記します!


オリンピック開会式の手話の人!変顔やクセが強すぎて話が入ってこない!

3人の手話の中でも最も話題になっていたのが、戸田康さんという方です。

  • 表情が豊かで良い
  • 変顔が面白すぎてニュースが入ってこない
  • クセが強すぎる

など、閉会式そのものよりも『手話の人』が面白すぎて見入ってしまうということでした。

一方でネットの声に批判も!

”手話の人が面白い”という声に、一方で批判の声も見受けられました。

手話で大事なのは表現であり、変顔と表現していることに違和感を覚える人もいたようです。

まとめ:東京オリンピック閉会式の手話の人が面白すぎた!

東京オリンピックの閉会式の手話の人が「面白い」「シュール」と話題になっていることをまとめました。

中でも戸田康さんは、変顔クセが強すぎて話が入ってこないといわれていました。

しかし、手話は目で見るため表情がとても重要になります。

決して変顔をしていたわけではありませんが、手話をあまり見たことない人々にとっては「面白い、シュール」というように映ってしまったようですね。