ドラマ

ミステリと言う勿れ|久能整は渡部豪太が適役!?菅田将暉がイメージと違う4つの理由!

2022年1月10日に放送スタートした、菅田将暉さん主演のドラマ『ミステリと言う勿れ』。

淡々とした口調で事件を解決していく久能整役を菅田将暉さんが演じています。

しかしドラマを見た視聴者からは、違う、これじゃない…という意見も見られます。

また久能整に適役なのは、菅田将暉じゃなくて俳優の〇〇という声も多数聞こえてきます。

  • 違う・これじゃない感の3つの理由
  • 久能整役に適役なのは俳優の誰?

についてまとめていきます。

ミステリと言う勿れ|渡部豪太が適役!?

渡辺豪太「ミステリと言う勿れ」のキャストが発表されたのが2021年の6月頃でした。

その頃から

  • 久能整役は渡部豪太が適役
  • 菅田将暉はなんか違う

という意見が出ていました。

そして、2022年1月10日初回がスタートし、実際にネットに上がった声がこちらです↓

やはり原作をしるファンは、渡部豪太さんが久能整役にピッタリだという印象を抱いたようです。

ミステリと言う勿れ|菅田将暉がイメージと違う4つの理由!

菅田将暉さん演じる久能整が、イメージと違うという意見があります。

どのような点が久能整のイメージと違うのか、具体的な4つの理由を見ていきたいと思います。

①目が死んでサイコパスみたい

目力が強すぎてサイコパスのようだという声が多いですね。

菅田将暉さんが目力の強い俳優の一人。

目で演技をすることの多い菅田将暉さんですが、久能整という人物には目力が逆効果になってしまい、サイコパスにように見えてしまったようです。

②雰囲気が違う

 

原作漫画の久能整は、

  • 天然
  • 柔らかい
  • ふわふわしてる

という印象がありますが、菅田将暉さんだと強すぎる、キツイ雰囲気が出てしまっているようです。

③骨格が違う

原作漫画の久能整と菅田将暉さんの体格と骨格が違うという点も指摘されています。

とは言っても、なかなか漫画の中の人物と体格を似せるのは難しいですよね。

菅田将暉さんは、その辺の違いをさすがの演技力でカバーされているようです。

④髪型が違う

髪型は天然アフロの久能整によせている菅田将暉さんですが、ファンからするとそこも若干違うようです。

菅田将暉さんのアフロは重すぎると言われています。

もう少し耳上まで短くして重心を上に持ってくれば、久能整にさらに近づくようです。

ミステリと言う勿れ|菅田将暉のイメージは違うが演技力が凄い

久能整とイメージが違うと厳しい指摘をする原作漫画のファンも多いですが、一方で菅田将暉さんの演技力を絶賛する声も相次いでいます。

イメージは違うけど、演技力が凄いからこれはこれであり!という声が圧倒的に多いような気がします。

久能整のセリフは早口で長文。

そんなセリフをスラスラと言えるのは、さすがの菅田将暉さんという感じです。

これだけの長文セリフを言える俳優さんも、そうそういないのではないでしょうか。

やはり久能整は、菅田将暉さんが適役ではないかと感じます。

まとめ:ミステリと言う勿れ|久能整は渡部豪太が適役!?菅田将暉がイメージと違う4つの理由!

「ミステリと言う勿れ」の久能整の適役は渡部豪太?菅田将暉がイメージと違う4つの理由についてまとめました。

原作漫画を知るファンにとっては、やはり久能整のイメージは渡辺豪太さんのようです。

一方で、イメージが違うとしつつ、菅田将暉さんの演技が凄すぎて面白いという声が多いのも事実です。

原作漫画とドラマの久能整のイメージが違うとしても、菅田将暉さんの久能整を素直に楽しむドラマとして、今後も展開も楽しみにしています。