未分類

【ボス恋】がプラダを着た悪魔の丸パクリ!?動画でストーリーを比較!

2021年1月12日スタートのドラマ「オー! マイ・ボス! は別冊で」通称「ボス恋」。

ボス恋のストーリーが、プラダを着た悪魔の丸パクリだ!と話題になっています。

【ボス恋】がプラダを着た悪魔の丸パクリ!?

ボス恋、プラダを着た悪魔、パクリ

そのボス恋が「プラダを着た悪魔の丸パクりだ」と話題になりました。

ネットの声

ストーリーが、「プラダを着た悪魔」にソックリとのことです。

ストーリーを比較し検証してみましょう。

【ボス恋】と【プラダを着た悪魔】動画でストーリーを比較!

【ボス恋】【プラダを着た悪魔】のストーリーをM動画も交えて比較してみましょう!

ボス恋ストーリー

ボス恋、プラダを着た悪魔、パクリ

今作で上白石が演じる主人公・鈴木奈未 (すずき・なみ) は、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並み (なみ) で普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育った奈未は、夢もやりたいことも特にない平凡女子だ。東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけるため、東京の大手出版社の備品管理部の求人募集を見つけ、面接を受ける。
採用されたはいいが、備品管理部ではなくファッション雑誌編集部に配属されてしまう奈未。そこで出会ったのは、最年少編集長である宝来麗子 (ほうらい・れいこ) 。彼女はまさに「バリキャリ」であり、「超敏腕」「毒舌・冷徹」な鬼上司だった!

麗子は生半可な気持ちで働く奈未に対して冷たく当たる。「なんで私がこんな目に!?」人並みに仕事をして、普通の幸せを手にするはずだったのに…それでも麗子の仕事に対する姿勢を間近で見ているうちに、奈未の「仕事をすること」への意識が変わっていく。さらに、ひょんなことから出会った子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介 (じゅんのすけ) から突拍子もない提案が!!

鬼上司にも、子犬系御曹司にも振り回される奈未。仕事も恋愛も「そこそこでいい」はずだったのに…!? でも、今、彼女は全力で走り始める!!

公式サイトより

  • 田舎町で育った主人公は、平凡女子で夢を見て雑誌の編集部で働くことになる
  • 上司がバリキャリで超敏腕、毒舌鬼上司
  • 上司の仕事の姿勢に、仕事への意識が変わっていく

プラダを着た悪魔

ボス恋、プラダを着た悪魔、パクリ

名門ブラウン大学(映画版ではノースウェスタン大学)を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、なぜか幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事、ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。

しかもその編集長で、ファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職である。だが、ミランダは自分の身の回りの世話を、アシスタントに押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。

ファッションには何の興味もなかった彼女であるが、本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。その中でファッションとアシスタントの仕事の面白さに目覚めていく。

Wikipedia

  • 田舎から状況した主人公は、憧れのファッション雑誌の編集部へ就職
  • 編集長は、絶大な影響力を持ち、横暴を発揮する最悪の上司で雑用を押し付けられる。
  • 悪魔のような上司のもとで働くうちに、ファッションとアシスタントの仕事の面白さに目覚めていく

ほぼストーリーが一緒ですね!

これは確かに丸パクリと言われてもおかしくないストーリーですね。

動画で比較!

出勤シーン、雑用シーン、ボスの威圧感…(笑)

動画で比較してみても、ソックリな感じがわかりますね!

丸パクリだけど面白いとの声!

パクリだけど、面白そうだから見たいという声が多かったです。

主人公の奈未がこれからどのように成長していくのか、楽しみですね!

【ボス恋動画】玉森演じる子犬系男子にキュンが止まらない!?玉キュンシーンまとめ!

ボス恋、キュン、動画
【ボス恋動画】玉森裕太演じる子犬系男子にキュンが止まらない!?玉キュンシーンまとめ!2021年1月13日スタートのドラマ「オー! マイ・ボス! 恋は別冊で」こと、通称「ボス恋」。 玉森演じる子犬系男子の潤之介と上白...