未分類

台湾列車脱線事故(タロコ号)の殉職した運転士は新婚だった!

2021年4月2日、台湾の東部・花蓮県秀林郷のトンネル内で、列車の脱線事故が発生しました。

殉職した運転士が昨年9月に結婚したばかりの新婚だったことがわかりました。

台湾列車脱線事故(タロコ号)の殉職した運転士は新婚だった!

台湾の東部・花蓮県で起きた列車の脱線事故では、多数の死者が出ており、その中に運転士も含まれているそうです。

殉職した運転士ですが、昨年の9月に結婚したばかりだったそうです。

今回の事故がトラックの転落によるものだとすれば、運転士に原因はなく不運としかいいようのない事故だったことになります。

新婚で幸せな日々を送っていたであろう運転士さん。

突然失われた幸せな日常に残された家族の苦しみは計り知れません。
なんとも痛ましい事故に胸が痛みます。